2010年05月26日

児童買春担当の警官が女子中学生とわいせつ行為/神奈川県警(カナロコ)

 女子中学生にわいせつな行為をしたとして、神奈川県警は26日、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、高津署生活安全課巡査長の男(30)を書類送検するとともに、停職6カ月の懲戒処分とした。巡査長は児童買春事件などの捜査に当たっていたという。

 送検容疑は、3月20日に横須賀市のホテルで、同市在住の市立中学3年の女子生徒(15)に現金1万円を渡す約束でわいせつな行為をした、としている。

 県警監察官室によると、巡査長は同19日に出会い系サイトで生徒と知り合い、20日の勤務終了後に待ち合わせた。生徒は自分の年齢を、同法の対象とならない「19歳」と伝えていたが、巡査長は後日、別の出会い系サイト規制法違反事件の捜査資料に生徒のメールアドレスがあるのを発見。不安になって上司に相談し、生徒に確認したところ、15歳と分かったという。

 巡査長は「福祉犯罪を取り締まるべき立場の自分がこのような事案を起こしてしまい、申し訳ない」などと話しているといい、26日付で依願退職した。

 小笠原晃監察官室長は「県民に深くおわびし、信頼回復に努めたい」と謝罪した。

【関連記事】
女子中学生に集団でみだらな行為をさせた疑いで男を追送検/神奈川県警
女子高生にみだらな行為の疑いで警視庁巡査逮捕/神奈川県警
女子中学生にわいせつ行為の埼玉県警巡査長逮捕/神奈川県警
14歳の男子中学生が児童買春/神奈川県警
女子高生にわいせつ行為、容疑の無職男を逮捕/横浜

鳩山首相「社民党には連立の中で頑張ってもらう」(読売新聞)
評価定まらぬ「現代史」 国立博物館はどう展示しているか?(産経新聞)
PCI背任、元社長ら無罪確定へ 東京高検が上告断念(産経新聞)
臍帯血バンク存続危機 赤字拡大 宮城で表面化(産経新聞)
一定地域内の全頭処分を検討、口蹄疫で官房長官表明 首相、政府対応の問題認める(産経新聞)
posted by ササイ ユウジ at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。